第15回:モバイルに最適なイヤフォンを探したい!

自宅で楽しむならヘッドフォンですが、モバイルで使うなら、やっぱりイヤフォンですよね〜。

けいおん」が放映された時は、秋山澪が使っていたヘッドフォン、AKG(アーカーゲー)「AK701」が街中に溢れたんですけどねえ。

澪ホンですね! 京アニの細部へのこだわりで、すぐに型番が特定されたんですよね。クラシックファンとしては「響け!ユーフォニアム」推しです! 5kg近くもある、あのデカくて抱き心地よさそうな楽器を、華奢でかわいくて頑張り屋さんの主人公が演奏している姿が……グっときます……!

おおー! 私は凸守推しなので劇場版「中二病でも恋がしたい!」が……じゃなくてイヤフォンの話ですね。イヤフォンヘッドフォンよりも鼓膜に近い位置に振動板があるため、ワイドレンジでダイナミックレンジも広くとれますが、耳に異物が入っているので不自然な感じもしますね。

まさかの凸守推し……え、えっと、耳に入れるサイズだとヘッドフォンよりも、振動板の面積が小さくなっちゃうと思うのですが、それで低音から高音まで再生できるのでしょうか?

それはドライバーが鼓膜に近く、小音量で鳴らせばいいため問題ありません。ただし空間が狭いので、空気が押されるような低音の量感は出せませんね。

すると、イヤフォンはすべてフルレンジで、ドライバーは1個と考えていいんですか?

ところがどっこい、マルチドライバーもあるんですよ。またハイブリッド型とか平面駆動型とか、静電型もあります。

えええ〜、それじゃあスピーカーと変わりませんね。でも、マルチと言っても、こんな小さい部分に3つも4つも振動板ドライバーは入らないですよね〜?

ところがどっこい、3way12ドライバーのiriver(アイリバー)「Roxannell」というモデルがあります。

お話が違うじゃありませんか! フルレンジでも大丈夫、という舌の根が乾かぬうちに、スピーカー以上にマルチドライバーがあるなんて、理由をお聞かせくださいっ。

ああ、混乱させちゃいましたね。マルチドライバーBA型に限ったことなんです。BAとはバランスド・アーマチュアのことで、イヤフォンにしか使われないドライバーの形式。もともと補聴器用です。なので、人の声の帯域の再生が得意で、歪みが少なく、ハイスピードで繊細な音まで再生できます。しかし、レンジが狭いので、オーディオ用に不向きでした。マルチドライバーで使うことで、音楽再生に必要なレンジを確保したんです。

 

透明なハウジングから透けて見える、金属製の四角い箱のように見えるのがBA型ドライバー。

BA型、なんか血液型みたいなドライバーですね。マルチという響きが高性能そうですが、音は本当に良いのですか?

最初はドライバーのサイズが大きかったので、耳型を取ってから、その人専用に作るカスタム・イヤーモニター、略してイヤモニにしかマルチは使えませんでした。その音質の良さが評価されて、ドライバー自体の小型化に成功し、現在ではユニバーサル型にも広く使われるようになりました。

イヤフォンだけの形式と知ると、聴いてみたくなりますね。結局、BA型のほうがダイナミック型より音が良いと思っていいのですか?

どちらの良さもありますね。低域の量感が出しにくいBA型の替わりに、ダイナミック型ウーファーを搭載し、高域が得意なBA型と組み合わせてハイブリッド型が生まれました。ドライバーの数を増やすほど、周波数帯域ダイナミックレンジでは有利になりますが、スピーカーと同じで低域と高域に音楽信号を分けるためのネットワークが必要になります。すると、ネットワークによる位相の乱れや音質劣化という問題が出てきます。

 

ダイナミック型とBA型のハイブリッドで、しかも同軸型を採用しているAZLA「AZLA」。

 

円筒形のハウジングの中に同軸ユニットが収められている。

 

ダイナミック型の振動板の中心部に穴があり、BA型ドライバーが貫通する構造だ。

もちろん値段も高くなるんですよね。よし、決めました! 私はダイナミック型シングルドライバーにします。

決断が早いですね、しかも理由がコスパですか。実はBA型シングルドライバーもあるんですよ。まあ多数派はダイナミック型シングルドライバーですが。

コスパ大事! 私はノイズキャンセリング・イヤフォンに興味があるのですが、上級モデルになると、この機能が付いてるイヤフォンがなくなるのはなぜでしょうか?

ノイズキャンセリング機能は周囲のノイズをマイクで集音して、それと逆相の信号を合成してドライバーから出すことで、ノイズを打ち消しています。この仕組みにはアンプ電源が必要になり、余計な信号を音楽信号に加えることになるので、ピュアオーディオ的には嫌われます。さらに、カナル型イヤフォンは耳にしっかり差し込むため、そもそも周囲のノイズの減衰効果が高く、音楽を再生すれば、そんなに気にならないと思います。

でも、出張で航空機や新幹線に乗ったときに便利なんですよ。音楽を聴かずに安眠したいときに欠かせません。

いやいや、音楽聴かないならイヤフォンの必要ありませんよね! 「デジタル耳せん」を使ってください!

でも、普段は音楽も聴きたいんですよ〜。

これは私の個人的な印象ですが、ノイズキャンセリングは、イヤフォンよりヘッドフォンのほうが効果的で快適だと思います。

そうなんですか? ヘッドフォンだとソニーとかボーズとか有名ですよね。高価なイメージです……イヤフォンカナル型だと遮音効果が高いんですね。それなら音楽を聴かなければ耳栓になるかもしれません。

実際に、カスタム・イヤモニメーカーのFitEar(フィットイヤー)では、耳型から作る耳栓「フィットイヤー・サイレンス」も販売しているんですよ。

カスタム・イヤモニの密閉度の高さを活かしたんですね。ではイヤフォン単体は、シングルドライバーダイナミック型で充分ですね!

そうですね、売れ筋なので種類も沢山ありますよ。まずは3000円〜5000円のボリュームゾーンを試聴して、自分好みの音色を見付けてください。あとは予算に合わせて、そのシリーズの上級モデルを狙うという方法もありますよ。

 

ダイナミック型で人気のfinal「E2000」は実勢価格約4400円と5000円。

 

ダイナミック型シングルドライバーのハイエンド、DITA「Dream」は限定販売で既に生産終了。オークションでは25万円以上で出品される人気モデルだ。

 

DITAのプラグは交換式になっていて4.4mm、3.5mm、2.5mmに対応できる。これはスマートな方式である。

 

平面駆動型のイヤフォンのハイエンド、AUDEZE「LCDi4」は軽い装着感でヘッドフォンを超える広い音場を再現する。新世代の平面型である。

はぁ〜多すぎて決められません〜。

ONKYO(オンキヨー)「E700MW」が「響け!ユーフォニアム」とコラボした限定モデルがあったのですが……期間限定予約販売なので、もう完売してますね〜。

そうなんですね! コラボモデルって意外とあるんですね〜。これからは小まめにチェックしたいと思います!

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   

category01.png

▼-ただいま準備中-
category02-2.png

▼-ただいま準備中-
category03.png

fb.pngtw.pnginsta.pngyt2.pngRSS2.png

OV_top.jpg

EC_top.jpg

02.png

03.png

Stereoblog.png

musimegane.png search this site.

profile.png profile

音楽之友社が運営するwebサイト「Ontomo village」のブログ。音楽/オーディオ雑誌発のこだわりの限定品や、情報を発信します。

iphone.png mobile

qrcode

categoryies.png categories

selected entries.png selected entries

archives.png archives

carender.png calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>